障がいのある方の働くこと全般を支援する施設のご紹介

障がい者の就労支援と雇用サポート|鴻巣職業訓練センター

自分の住んでいる地域で働きたい、障がい者の皆さん、
・障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律 (通称 障害者総合支援法) という法律が、平成25年4月1日から施行されたことご存知でしょうか。
この法律の立案の狙いは、
・障がい者に関する福祉サービスの一元化。
・公平にサービスを利用できるように、手続きなどの明確化、透明化。
・障害者が身近なところで福祉サービスを利用できるようにする。
これ以外に、
・働く意欲と能力のある障害者が、企業などで働けるように支援する。
という狙いがあります。
埼玉県にお住まいで、そのような就労支援を受けられる施設が近くにあるのかなと思っている方に「障がい者就労移行支援 鴻巣職業訓練センター」さんを紹介します。

こちらのセンターでは、
・障がい者の就労支援と職業訓練。
・雇用のサポート。
を、主に実施している施設です。

就労支援の全体の流れは、
1 面談 障がい者本人や家族、福祉などの関係機関から、障害の特性、生活状況、健康状態など詳細を聞き取る。
2 適性検査を行い、様々な課題を見つけ出して、個別の支援計画を策定する。
3 KPT (鴻巣プロフェッショナルトレーニング この施設オリジナルプログラム。)
4 PC訓練やビジネスキルトレーニング 社会自立に必要なトレーニング。
5 製造作業、仕分け、検品等各種の作業訓練をする。
6 就労見込みの業種での実習をして、本人の就労に対する自信を付けるのと、就労に対する課題の発見をする。
7 本人の希望する検定取得や、模擬面接などを行う。
8 面接を受けたのちに、内定をもらい、就職
という流れで、就労支援をします。
多くの障がい者の皆さんが、社会に出て希望する職種で働けますようにお祈り申し上げます。

投稿日: