癌治療で、副作用が少なく、体の負担が少ない免疫療法

癌の免疫療法

がん治療で、副作用が少なく、体の負担が少ない治療方法を、お探しの方いませんか。
そのような方には、新日本橋石井クリニックさんが行っている、免疫細胞療法(ANK免疫細胞療法)を紹介します。

この、(ANK免疫細胞療法)とは、
1 患者さんの体内の血液中から、リンパ球を採取する。
2 採取したリンパ球の中に存在している、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)を選択して培養し、増殖活性化させる。
3 増殖活性化させた、NK細胞を、点滴で患者さんの体内に戻す。
4 戻されたNK細胞が、癌細胞を攻撃して破壊する。
という流れで、治療を行う免疫療法です。
(ANK免疫細胞療法)は、
・ 患者さんの体内に存在している細胞を、利用しているので、副作用や、体にかかる負担が少ない。
・ 胃がんや大腸がんなどの、がんの種類や、進行度を問わず治療を行える。
・ その他の、抗がん剤治療・放射線治療・外科手術などの三大療法とも、併用できるので、それぞれの短所を補うことができる。
と、いう良い点があります。

こちらの、新日本橋石井クリニックさんはこれまで、多くの患者さんに(ANK免疫細胞療法)を行ってきた経験があるそうです。
そのため、安心して、免疫細胞療法を受けることができます。
早く癌が完治して、充実した生活が送れるように、こちらのクリニックで治療を受けたらいかがでしょうか。

投稿日: