がん治療を考えたとき、自由診療で完治の確立が高まります。

がん治療 相談

最近は、がん治療の方法も多岐に渡って来ています。
ただ、基本的には、現在の日本の病院での治療は、標準治療となっています。
しかし、この、標準治療だけでは無くて、癌自由診療にまで広げた場合ですと、先端医療等も見えて来るのです。

例えば、先端医療の1つとして、がん粒子線治療と呼ばれる物があります。
粒子線とは、水素原子イオンや、炭素原子イオン等の、粒子の流れの事を言います。
そして、これらの粒子を、シンクロトロンという加速器を利用し、光速近くまで加速をするのです。
そして、がん病巣へ照射するという方法です。

このがん粒子線治療なのですけれども、がんの病巣だけをピンポイントに撃つ事も可能なのです。
その為に、正常な、組織に悪い影響を与える事が少なくなるのです。

アメリカですと、もう、80年代から、陽子線治療などが行われて来ました。
そして、治療実績を重ねているのです。
病巣に撃ち込む訳だから、かなり痛いのではないかと感じる方もおられるかもしれませんが、その心配もありません。
痛みどころか、熱さを感じる事も無いでしょう。

粒子線治療は、ガン細胞に対して、集中的かつ、非常に大きなダメージを与える事が出来ますので根本的な治療も可能になっています。
がん治療設計の窓口では、標準治療以外でもこのような治療がある事を提案してくれます。

投稿日: